春日部市での葬儀の礼式を解説

葬儀を行う理由

葬儀を行う理由の写真

ネット上の葬儀マナーサイトを見ていると、「お通夜・告別式 」という言葉を目にすることがあります。

葬儀に参列する人の立場からすると、葬儀に行くタイミングや故人への貢ぎ物のタイミングを知ることが大切です。例えば、「最近はお通夜に人が多くて、翌日の「お別れの会」にはほとんど人がいない」と言ってもいいでしょう。例えば、お通夜には人が多く、翌日の「お別れの会」に出席する人は少ないと言ってもいいでしょう。しかし、最近では遺族の立場でも、小さなお葬式でも「お通夜」や「告別式」という言葉が出てきて、「お葬式」が「告別式」だという誤解が広がっているようです。葬儀と告別式は同じ式場で次々と行われるのが一般的なので、その違いがわかりにくいのです。両者の違いは、葬儀は故人の魂をこの世から別の世界へと運ぶ宗教的な儀式であり、その中心には神父さんがいるということです。お別れの会」とは、友人や知人が故人に別れを告げる社会的な儀式のことです。葬儀の歴史を振り返ってみると、自由民権運動の理論的指導者であり、明治の著名な思想家でもある中江哲民の葬儀が「告別式」の起源とされています。無神論者であったため、信者に検死を行うように指示する遺書を残し、葬儀を行わないようにした。この遺言書によると、1902年に友人の板垣大輔が、故人チョ・ミンのために「告別式」だけを行ったという。これが告別式の始まりと言われています。 以上のことから、「通夜告別式」という言葉が葬儀の本質ではないことは明らかです。しかし、葬儀の規模が小さく簡素化される傾向にあり、家族の絆をさらに希薄化させる「家族葬」が蔓延している中で、喪主が「家族」の二人称で「他人」である場合、「通夜・告別式」の意味を理解するのは難しいのではないでしょうか。葬儀=告別式」の絵は、「葬儀=告別式」の三人称の位置を利用すれば保持される可能性があります。例えば、政府が旅先で亡くなった場合、遺族は葬儀に参列しないことが多いです。また、「直葬」、つまり霊安室から出棺することは、葬儀ではないと言われることもあります。しかし、「直葬」であっても、家族が故人の冥福を祈り、安置所や火葬場で神父が「宗教的な礼拝」を行えば、立派な葬儀となります。このような葬儀の機能は、次のようにまとめることができます。 人の死を社会に発表する社会的役割、死亡届、戸籍、本籍地、相続など。埋葬、火葬などの身体的な役割 死者を慰めて現世から「あの世」に送り出す文化的・宗教的な役割、あの世で死者の幸せを祈る心理的な役割、人々の悲しみに寄り添い慰める精神的・社会的な役割、死者への畏れを敬い軽減すること。教育的役割として、命の大切さ、万物が死ななければならないということを意識させること。