春日部市での葬儀の礼式を解説

春日部市における葬儀の流れ

春日部市における葬儀の流れの写真

死亡時には、医師の診察を受けた後、家族や菩提寺に故人が亡くなったことを伝えましょう。

故人が生前に大切にしていた葬儀社があった場合は、その人の希望に沿うようにしましょう。菩提寺がある場合は菩提寺にも連絡しますが、菩提寺がない場合は葬儀社が菩提寺を紹介してくれます。ご遺体を安置する部屋に布団を用意します。仏式では、北向きや西向きの床に故人の頭を置き、手を組み、頭に数珠を置きます。神道の儀式では、頭を上に向けて置きます。キリスト教では、故人の埋葬の方向性は決まっていません。最近では住宅の制約から、故人を家の中に埋めることができないこともあります。そのような場合は、葬儀社や安置施設のある葬儀社に遺体を搬送するのも選択肢の一つです。故人が病院や介護施設で亡くなった場合は、必要な治療を行った後、ご自宅やご希望の葬儀社の寝台にお連れします。予算を立てて、葬儀社に見積もりを作成してもらいます。通夜とは、故人を追悼し、故人の霊を慰め、お別れをするために、親しい親族や親しい人たちと一緒に夜を過ごすことです。現在では、通常、サークルのみで行われる「試練の通夜」と、一般の方を招いて故人を弔う「主の通夜」の2つの通夜が行われています。通夜後、葬儀社の従業員が祭壇に安置されていた花を撤去し、参列者や喪主が棺に入れて故人を飾る「お別れの花」を用意します。出棺スピーチは、遺族または親族の代表者が遺族を代表して行います。生前お世話になった方々に感謝の意を表し、故人の人柄を表し、遺族に故人との付き合いを続けてもらうようにお願いすることから始めます。そして、葬儀のまとめとお礼をします。ご遺族や親族は、挨拶をする人と一緒にお辞儀をします。火葬の際には、用意された竹箸を持って、二人一組になって骨壺に骨を入れ、次の二人に箸を渡します。これは遺族から遺族、近親者、近親者に行くべきです。遺体の一部を分けることを「散骨」といい、専用の骨壷や錦を用意して故人が持ち帰ることができます。埋葬時に灰の埋葬証明書が必要になる場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。死亡通知書を地方自治体に提出すると、火葬証明書が発行されます。火葬場に火葬証明書を提出すれば、火葬後に埋葬証明書を受け取ることができます。葬儀当日は、精進料理の夕食会が行われ、関係者・参列者全員に食事が提供されます。親族は下段に、喪主は下段に座ります。今後も親交を深めてほしいとの思いや要望を伝え、通夜から当日まで支えてくれた皆さんに感謝し、四十九日の法要に参列して故人に敬意を払うように呼びかける。故人のご遺体をお迎えするための祭壇をご用意します。祭壇には白木の祭壇を納め、遺灰を祀る日(例:四十九日)まで残ります。